インフォメーション

2011-03-22 08:15:00
頑張っていきたくても何に向かって頑張るのやら、何をやってもなんだかしっくりこないでモヤモヤな日々を過ごされている事かと思います。
明るく元気にやっていこう、なんて無理があるし、かといって自分のできることの小ささにふがいなさを感じて変に落ち込んだり。
「あなたにとって幸せってなんですか」とある番組でインタビューされていました。そんな漠然とした、答えがないような質問になんて答えるのかと思ったら、「不幸でない事です。」と若い子が言っていました。その子は旧ドイツで南北に家族を引き離されていて、その後ベルリンの壁が崩壊して家族は1つになったようですが、また大変な日々は続いていたと思います。それでも、どうしても逃れられないような不幸な事がない限り、あとは幸せ、といっていいのかもしれないと気付かされました。
大切な人が亡くなった、家ごと全財産持って行かれた、それが不幸とするのならばその災害に見舞われていない私達は確実に幸せなのです。それなのに小さな心配事を見つけてはため息ばかり。同じ日々を過ごすなら、小さな不幸よりも小さな幸せを見つけて前に進まなければ、そして逃れられない大きな不幸にあっている人たちに幸せを分けてあげられるように、気持ちの余裕を作る努力をしていかなければいけないのだと思います。それが私達にできる小さなことの1つだと思います。
お客様が一杯のラテを飲んでゆっくりした後、「ほっと一息つけました」と安堵の表情を浮かべてくださいました。また1つ、私にできる小さなことが見つかりました。ただ仕事をこなすだけではない何かを見つけた気がしました。
しばらく雨が続くようですが、確実に春に近付いているのです。ただ私達が春に気付けるかどうか、そのためにもきちんと自分の目で周りを見る、気持ちの余裕を作れるようにしていかなければならないと思っています。日本全国に春が届くように。