インフォメーション

2011-03-22 08:15:00
頑張っていきたくても何に向かって頑張るのやら、何をやってもなんだかしっくりこないでモヤモヤな日々を過ごされている事かと思います。
明るく元気にやっていこう、なんて無理があるし、かといって自分のできることの小ささにふがいなさを感じて変に落ち込んだり。
「あなたにとって幸せってなんですか」とある番組でインタビューされていました。そんな漠然とした、答えがないような質問になんて答えるのかと思ったら、「不幸でない事です。」と若い子が言っていました。その子は旧ドイツで南北に家族を引き離されていて、その後ベルリンの壁が崩壊して家族は1つになったようですが、また大変な日々は続いていたと思います。それでも、どうしても逃れられないような不幸な事がない限り、あとは幸せ、といっていいのかもしれないと気付かされました。
大切な人が亡くなった、家ごと全財産持って行かれた、それが不幸とするのならばその災害に見舞われていない私達は確実に幸せなのです。それなのに小さな心配事を見つけてはため息ばかり。同じ日々を過ごすなら、小さな不幸よりも小さな幸せを見つけて前に進まなければ、そして逃れられない大きな不幸にあっている人たちに幸せを分けてあげられるように、気持ちの余裕を作る努力をしていかなければいけないのだと思います。それが私達にできる小さなことの1つだと思います。
お客様が一杯のラテを飲んでゆっくりした後、「ほっと一息つけました」と安堵の表情を浮かべてくださいました。また1つ、私にできる小さなことが見つかりました。ただ仕事をこなすだけではない何かを見つけた気がしました。
しばらく雨が続くようですが、確実に春に近付いているのです。ただ私達が春に気付けるかどうか、そのためにもきちんと自分の目で周りを見る、気持ちの余裕を作れるようにしていかなければならないと思っています。日本全国に春が届くように。
 
2011-03-17 23:33:00
今、日本には大変な事が起きて、私達はこうこうと明かりをつけて暖房をガンガンつけてくつろいで下さい、なんて言えなくて、だから寒くて暗い店内で経営していて、でもお金を払ってわざわざ来てくださるお客様にそれを強いるのは矛盾していて、それならやらなければいいじゃない、となるとはしらカフェの存在意義そのものがなくなってきて、オープン以来積み上げてきたものが意味なかったんじゃないかとさえ思ってきたりしていました。
じゃあ、どうするか。このまま買いだめして節電した部屋に引きこもっていていいのか。
いいわけないのです。季節は確実に春に向かっています。花粉でつらい方もいるでしょうが、外に出ていくべきなのです。暖房も、広い店内を温めるには電気ではなく、皆さんひとりひとりの温度が必要です。お客さんが沢山来てくだされば、あったかいのです、ほんと。だから長居してください。ひとりひとりが人間暖房になってもらって、照明は日の光とろうそくです。
今日の夜は定休日なので外食してきました。正直外食は楽しいものなので、とても今はそんな気になれない、そう思っていました。でも私達は被災者ではない。一緒に暗くなっても何も生まれない。それより経済活動をして、どんどん回して、働いて、寄付しよう。お客さん来ない―なんて嘆いてる暇あったらまず自分がお客さんになってみよう。私達は、動けるのです。だから沢山動いて、動けなくなって困っている人たちを動かしてあげよう。
今までどうしていいのかわからなかったけど、明日はせめて笑顔でお客様を迎えよう。今まで笑顔でさえも不謹慎でないか、というような空気で、一言目が「大変でしたねー。」でした。でもやっぱり笑顔で人は動く。なので停電しても、あ、停電っすね。ってかんじで笑顔で乗り切ります。幸いアナログな感じでやってきているのであまり影響はないかと思われます。
なんだかどうやってお店をやっていけばいいのかわかりませんでしたがなんとなくわかってきました。まだわからないことも沢山ですが、とにかく笑顔ってことはわかりましたので。(基本的すぎて今更?って感じですが。)明るく行きます。おーー!!! 
2011-03-14 19:37:00
本日は計画されていた停電は結局行われませんでしたが節電をしなければいけないことには変わりがありません。はしらデリ&カフェでは、停電が実施されようがされまいが、極力節電に努めようと思います。
照明は点けていませんがもともと落ち着いた雰囲気を大事にしているので日光だけでもこれはこれで良い雰囲気を香持ち出していると思っています。(やや無理があるかもしれませんが…)窓際のオープンウィンのお席に座っていただければ十分明るいです。ご希望であればキャンドルを用意してあるのでおつけします。なので、暗くなった時点でお客様がいらっしゃらなければ暖房の節電も考慮して早めに閉店させていただきます。
トイレの便座ウォーマーは消しています。あれは、ものすごく電気を使うそうです。座るのは少しだけなのに。なので、ぴやっとしますがご了承ください。
今日は暖かかったので暖房はつけずにいました。明日はさすがに寒そうなのでつけるとは思いますが控え目にしますので暖かめの格好をしてお越しください。
本来居心地の良い空間づくりをしておもてなしをしなくてはいけないのは十分承知しています。でも私達がどのように過ごしてゆけば本当になるべく多くの人が幸せに暮らしてゆけるのか、そういった思いを発信し続けるカフェでありたいと思っています。そしてそんな思いを共有しながらそのうえで、本当の意味での居心地の良い空間というものを提供できるカフェを目指してゆきたいと思っています。
来てくださった方々には大変ご不便をおかけしますが何卒ご了承ください。 
2011-03-13 17:56:00
本日日曜日、営業を再開しようと思ったのですが、やはり予想していたことですがこの混乱のさなかに外でお茶をする方は少なく、その中で暖房をガンガン付けて、沢山の明かりをこうこうと点けていることに憤りを感じてしまいました。午前中には余震も数回あり、色々考えた結果、早めにお店を閉めさせていただきました。清掃や食料の買い出しなどに出かけましたが、いつもとは違う街の雰囲気に改めて凄い事が起きてしまったのだと感じています。今私達ができることは何なのか、とりあえずテレビやパソコンを点けているときは家の電気を消したり、暖房器具をつけないで毛布にくるまったりして過ごしています。それとボンベルタの前で今日献血をしていました。
今ここで生きて健康に過ごしている私達が、起きてしまった悲惨な出来事に希望の光を差すことができるその一人ひとりであること、そう自覚して本気で思えばできることがきっと見つかるし、実際にそれができて繋がって、大きな力になって平和が作られること、そうやって今この国が一つになって被災地の方々に安息の地をもたらすことを願ってやみません。 
2011-03-12 20:57:00

ものすごい地震でしたね。地震がおきた時はお客様が沢山いらっしゃって、駅前のロータリーに避難していただくなどしましたが、怖かったです。被災地の方々、またそのご関係の方々にこれから皆で全力で支援をしていかなければと思います。
次の日の土曜日はまだ余震もあったため、臨時休業とさせていただきました。
お店のリフォームなどでお世話になった新和工務店の平山さんに確認してもらい、お店の安全は大丈夫だということです。 
ですので明日の日曜日は営業するつもりですが、無理をしない程度にしようと思います。
皆さまもせっかくの日曜日にお出かけをしたいと思うのですが、この事態ではあまり無理をせず、状況をみて行動していただきたいと思います。 
いつでもはしらデリ&カフェはここにあるので。 
これからも予断を許さない状態だと思いますので、皆さま気をつけてくださいね。 


1 2